ホークアイ/ナイトブレード

Last-modified: Thu, 14 Nov 2019 23:53:40 JST (8h)
Top > ナイトブレード

戦術等 Edit

???の種 Edit

 必中のサイコロで火とんの術(全)、夜目のサイコロで雷神の術(全)を使える。ボス戦は単体出現なので、ボス戦だけで使えれば良いのであれば、自身の忍術で事足りる。雑魚戦でどれくらい使うことになるか次第か。

多岐に渡る役割 Edit

 高火力2回攻撃、全体必殺技、忍術と凶器攻撃によるステータスダウン、各種状態異常と多くの役割を担う事ができる。

 ただ、役割の重複や「その為だけに使うなら他のクラスの方が……」となる場合もあり得る。

 重複、上位互換的な要素を上げるとこのようになる。

  • 高火力2回攻撃はケヴィン
  • 全体必殺技はパラディン、ソードマスター、デュエリスト、ヴァナディース
  • ステータスダウンはネクロマンサー、ニンジャマスター、(スターランサー)、闇クラスのリース
  • 状態異常(沈黙)はルーンマスター、スターランサー
  • 凶器攻撃(最大HPダウン)はワンダラー

通常攻撃と手裏剣からの分身斬 Edit

 ナイトブレードが雑魚戦で効率を出す場合、通常攻撃で全敵のHPを分身斬単発で倒せる値まで削った所で、分身斬を放つのが効率的となる。HPを削る時に、ダメージを与えすぎると必殺技や魔法による反撃を食らうので、反撃圏外かつ単発分身斬圏内に入れるのが重要。反撃圏外で分身斬圏内に入れるのに必要な通常攻撃のヒット数が奇数回の場合、2回攻撃の為に通常攻撃1回分過不足しやすい。それを反撃が痛手にならない相手への手裏剣で補う場合もある。

 反撃が辛い場合に、含み針で沈黙させる手も無い事は無いが、効率は多少落ちる。そこは、プレイヤーの価値観次第となる。

相性の良いキャラ・クラス Edit

ソードマスター、デュエリスト、ビショップ、セージ Edit

 セイバー魔法と高火力通常攻撃は高ダメージをたたき出すことができる。これでHPがある程度減るとカウンターを放ってくる敵をやられる前にやれることも。あるいは、敢えて無効化される属性をセイバーで付与し、ダメージの与えすぎによるカウンターを防止しながらゲージを溜めて分身斬で倒す戦法もある。後者の戦術は、通常攻撃をメインに戦うキャラの武器を弱い物にせず、余計なダメージを与えないようにすることができる(余計なダメージを無くすならCPの武器を弱くした方が、セイバー魔法を使わない分だけ敵全滅までの時間は短いが)。更にセージは下記のゴッドハンドと組み合わせで「ゴッドハンドでホークアイにオーラウェイブ詠唱→ちびっ子ハンマーでセージをちびっ子に→オーラウェイブ発動、セージがホーリーボール(全)詠唱→分身斬→ホーリーボール(全)発動」とすれば本拠地のほとんどの雑魚をカウンターなしで殲滅可能。

アンジェラ Edit

 分身斬までの削りの際、仲間があまりダメージを与えすぎると、HPを反撃圏内に入れてしまう可能性もあるので、味方の武器を弱い物にしておく方法がある。通常攻撃がメインとなるキャラ(ケヴィンなど)でこれをやると、持ち味を削ぐ形になるのが辛い。アンジェラのダメージソースが魔法なので、弱い武器を装備させてもデメリットは軽い。

 また、敵の魔法に対するカウンターを含み針で封じて魔法を使うこともできたり、2人でスキルを使う詠唱キャンセルもある。

ケヴィン Edit

 高火力の通常攻撃で押していくケヴィンは、中火力で反撃寸前まで刻んでいくアタッカーに比べると、敵がHPが一定以下になった時のカウンターを貰いやすい。そのカウンターへの対応策として、含み針で沈黙させたり、水とん/火とんの術で物理/魔法攻撃力を下げて耐える方法ができる。

ゴッドハンド Edit

 上記に加えゴッドハンドならオーラウェイブと分身斬を利用した戦術を利用可能。ナイトブレードを選択した時点で他にオーラウェイブを使用できるのはゴッドハンドのみとなる。上記にあるセージや下記の光クラスのリースと組み合わせても好相性。その他詠唱キャンセルを利用した秘孔→含み針→全員で物理攻撃といった連携やダメージを受けやすいホークアイへヒールライト(単)などシナジーが高い。

ヴァナディース、スターランサー Edit

 ヴァナディースの能力アップと忍術の能力ダウンを合わせれば、味方の強化にボスの弱体化としっかりとしたお膳立てができる。ステアップ/ダウンを持ったクラスの中で最大の攻撃力を持った組み合わせでもある。

 スターランサーも???の種で量産できるクラスチェンジアイテムによるステダウン効果の重複があるとはいえ上記と同じことが可能(凶器攻撃で更にお膳立てできる)なため十分強い。沈黙効果の技が2枚になるため毎回マルドゥークを打つ必要がなくなり小回りが利く。例えば開幕で含み針→パワーアップ(単or全)→全員で物理攻撃などで効率を出せる場面も多々ある。ナイトブレード単体ではダークキャッスルの中盤以降の雑魚敵パーティをやや苦手とするためそこをマルドゥークでしっかりフォローできる。

相性の悪いキャラ・クラス Edit

ネクロマンサー、ドラゴンマスター、フェンリルナイト Edit

 各種ステータスダウン効果の重複。ただ詠唱キャンセルで「雑魚戦でそれぞれ別々の対象にステータス低下を狙う」「カウンター対策に含み針を絡める」「強力なボスに対しては一度で複数のダウン効果をかける」と言う使い方も無いでもない。ドランゴンマスターやフェンリルナイトは召喚魔法とオーラウェイブ+分身斬と組み合わせて雑魚の殲滅を狙うことも可能ではあるがパワーアップ+分身斬と大差ない割にMP効率があまりよろしくない。

コメント Edit

ご意見・要望等お気軽にどうぞ。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 反撃詠唱されてからそれを発動させずに倒す分身斬の戦術が確立出来たっぽいです。オーラウェイブ>分身斬撃>ホーリーボール(全)もいいですが、この新戦術確立によってオーラウェイブ離れが出来たという事が言えるかもしれせません -- 2018-10-07 (日) 21:12:39
    • 訂正 -- 2018-10-07 (日) 21:28:27
  • 分身斬撃 ←× 分身斬 ←〇 連携好相性なキャラの筆頭はやはりアンジェラでしょうね -- 2018-10-07 (日) 21:30:06
  • もはやパワーアップもオーラウェイブも必須では無いと言ったところか。次手を下級魔法に任せられるならば、燃費悪い一発屋の悪名を返上できるメイガスは最高に救われそう。 -- 名無し? 2019-11-04 (月) 01:23:22
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White