シャルロット/セージ

Last-modified: Sat, 30 Nov 2019 06:50:51 JST (220d)
Top > セージ

戦術等 Edit

???の種 Edit

 灰のこびんでブラックカース、血のこびんでアンティマジックを使える。アンディマジックはブラックマーケット売りのスペクターの瞳でも代用できるので、灰のこびんが出た方がおいしいか。灰のこびんによる全能力ダウンはボス戦において効果的。

高威力ホーリーボール&セイントビーム Edit

 光属性の攻撃魔法は精神依存なので、アンジェラ以上にダメージを出せる。ただし、単体で使用すると反撃があるので、攻撃魔法同士で詠唱キャンセルによる連携を行いたい場合に使うと良い。

セイバー魔法の全体化 Edit

 セイバー魔法が全体化する。セージ自身の攻撃力はシャルロットのクラスでは最低であるためセイバー魔法を活かせないので、仲間2人が物理アタッカーと言う状態が望ましい。物理アタッカー1人のパーティなら、単体掛けで十分。

他のキャラ・クラスとの相性 Edit

デュラン Edit

重複した能力が多いため組み合わせる場合は注意

■パラディン Edit

 重複の少ない組み合わせ。オーラウェイブ+閃光剣とホーリーボール(全)を連携させよう。

■ロード Edit

 全体ヒールライトの重複。回復役が2枚になるので持久戦に強くなると言うのはあるが。

 セイバー魔法と2回攻撃の相性が良いウォーリアモンクは除外。

■ソードマスター Edit

 4属性セイバー(全)が重複する。また、セージはシャルロットのクラスの中で攻撃力が最低値なので、残りの1人がアンジェラ等の物理攻撃を苦手とするキャラならセイバーの全体化もおいしくない。

■デュエリスト Edit

 4属性セイバーの重複に加え、デュエリストを軸にするとオーラウェイブやパワーアップをかけて大地噴出剣を放てばダメージを貰う前にに殲滅できることが多いので、回復魔法の使用も少なくなる点からもシャルロットの回復魔法が活きにくい。

アンジェラ Edit

■グランデヴィナ、アークメイジ Edit

 ホーリーボール(全)→ダブルスペル/レインボーダストで魔法連携が可能。さらにホーリーボール(全)やセイントビーム(全)に置き換えてもいい。

ケヴィン Edit

 通常攻撃を2回できるケヴィンやホークアイとのセイバー魔法は好相性。

ホークアイ Edit

 通常攻撃を2回できるケヴィンやホークアイとのセイバー魔法は好相性。

■ワンダラー、ローグ Edit

 セイバー魔法と高火力通常攻撃で高ダメージをたたき出すことができる。これでHPがある程度減るとカウンターを放ってくる敵をやられる前にやれることも。あるいは、敢えて無効化される属性をセイバーで付与し、ダメージの与えすぎによるカウンターを防止しながらゲージを溜めて2連飛燕投で倒す戦法もある。後者の戦術は、通常攻撃をメインに戦うキャラの武器を弱い物にせず、余計なダメージを与えないようにすることができる(余計なダメージを無くすならCPの武器を弱くした方が、セイバー魔法を使わない分だけ敵全滅までの時間は短いが)。

■ナイトブレード Edit

 非常にシナジーの高い組み合わせ。上記ワンダラー、ローグの記述の戦術に加え、オーラウェイブ→分身斬→ホーリーボール(全)での連携も有る。操作キャラの変更をナイトブレード→セージとなるようにしておき、分身斬のエフェクト中にセレクトボタンを押しっぱなしにし、分身斬終了後即セージに交代してホーリーボールを発動させる。

コメント Edit

ご意見・要望等お気軽にどうぞ。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • ロードにアイスセイバーやダイヤセイバーをかけ、疑似パワーアップさせてからの通常攻撃をしてもらうとウォーリアモンクにも劣らぬ効率を出せるとなると、思ったより相性は良い模様。 緊急時にはロードが状態異常を耐えてくれるのも活きる、後は光アンジェラと光ケヴィンどちらと組むかはお好みで。 -- 2019-11-21 (木) 10:59:20
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White