ケヴィン/デスハンド

Last-modified: Tue, 19 Jun 2018 21:24:14 JST (173d)

戦術等 Edit

???の種 Edit

 死狼の魂でエナジーボール(単)、魔狼の魂でムーンセイバー(全)を使うことができる。エナジーボールはゲーム内でクリティカル率上昇と言う説明になっているが、このゲームではクリティカルが発生しないので、効果のない魔法となっている。よって、???の種による恩恵は実質ムーンセイバーのみである。
 弱点属性のあるボス戦なら弱点を突けるセイバー魔法をかけた方が速攻を狙えるので、弱点属性のないボス戦で使用すると良い。ムーンセイバーのHP吸収量は与ダメの8分の1なので、攻撃力が高いキャラの方が恩恵を得られる。

通常攻撃に特化したクラス Edit

 ケヴィンの全クラス中で力が最も高く、習得はクリティカル率上昇(実際は何の効果も無い)のエナジーボールのみと、通常攻撃に特化したクラスと言う位置づけと思われる。ただ、攻撃力を370まで上昇させる裏技が存在する為、これを利用する場合はケヴィンの全クラスが最終的に同じ攻撃力になると考えられる。とは言え、その裏技を使って上げた攻撃力を維持するには、経験値の管理かステータスのカンストが必要なので、安定するのはステータスカンスト後となる。その為、経験値の管理を放棄してステータスカンストまでの間に物理アタッカーとして活躍させたいと考える場合にはこのクラスと言う選択肢もある。

ケヴィン別クラスとの比較 Edit

 前述の通り、ケヴィンはどのクラスでも、攻撃力を370まで上昇させることができる裏技が存在する。その為、攻撃力以上に習得する魔法によってクラスを選択する傾向が強くなる所がある。
 光クラスだと、全体必殺技を使うクラスが相方とする場合にはゴッドハンドを使い、MP消費が激しいパーティに入れるならウォーリアモンクを使うと言った感じで良い。
 パーティ的に、秘孔、オーラウェイブ、ヒールライト(全)、リーフセイバーをケヴィンで使用する機会が無い場合は、裏技での火力維持を安定させるまでの間を考えて闇クラスを選ぶのが良くなる。???の種まで考慮すると闇クラスで扱えるのはムーンセイバーだが、ボス戦のみでの使用ならデスハンド、雑魚戦でも仰け反り無効による多段ヒットの安定を狙う為に多用するならデルヴィッシュを選ぶと良い。

相性の良いキャラ・クラス Edit

ソードマスター、デュエリスト、ビショップ、セージ Edit

 通常攻撃を2回できるケヴィンやホークアイとのセイバー魔法は好相性。

ビショップ Edit

 攻撃力を370まで上げたケヴィンを軸に戦闘を行う場合、与ダメ量の関係でイビルシャーマンのヒールライトやグレートデーモンのデーモンブレス、プチドラゾンビのメタンガスブレスを誘発しがち。イビルシャーマンとグレートデーモンにはセイントセイバー、プチドラゾンビにはターンアンデッドでケアが効く。セイバー魔法も2回攻撃との相性が良い。

ルーンマスター、ナイトブレード、スターランサー Edit

 高火力の通常攻撃で押していくケヴィンは、中火力で反撃寸前まで刻んでいくアタッカーに比べると、敵がHPが一定以下になった時のカウンターを貰いやすい。そのカウンターへの対応策の1つが、敵を沈黙させてカウンターを出させないことである。
 その中でナイトブレードは後述するカウンターへのもう1つの対抗策が使える。スターランサーも???の種を考慮すると知性・精神依存の反撃であればできる。

ネクロマンサー、ニンジャマスター、ナイトブレード、ドラゴンマスター、フェンリルナイト Edit

 高火力の通常攻撃で押していくケヴィンは、中火力で反撃寸前まで刻んでいくアタッカーに比べると、敵がHPが一定以下になった時のカウンターを貰いやすい。そのカウンターへのもう1つの対抗策として、敵の攻撃力を低下させカウンターによる被ダメを減らして耐えると言う方法もある。

相性の悪いキャラ・クラス Edit

コメント Edit

ご意見・要望等お気軽にどうぞ。

最新の10件を表示しています。 コメントページを参照

  • 攻撃力370を維持できるレベルになるまでの間、経験値の管理を放棄して経験値稼ぎ中の物理アタッカーにと考えたけれど、ゴッドハンドでもオーラウェイブでデュランやヴァナディースを軸に効率よくレベリングできるのか……と。こっちは仲間が高威力全体必殺持ちかどうかに依存しないのが利点になるか。 -- 2018-06-19 (火) 21:51:27
お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White