ケヴィン/ウォーリアモンク

Last-modified: Mon, 09 Dec 2019 03:18:46 JST (286d)
Top > ウォーリアモンク

戦術等 Edit

???の種 Edit

 死狼の魂でエナジーボール(単)、魔狼の魂でムーンセイバー(全)を使うことができる。エナジーボールはゲーム内でクリティカル率上昇と言う説明になっているが、このゲームではクリティカルが発生しないので、効果のない魔法となっている。よって、???の種による恩恵は実質ムーンセイバーのみである。

 弱点属性のあるボス戦なら弱点を突けるセイバー魔法をかけた方が速攻を狙えるので、弱点属性のないボス戦で使用すると良い。ムーンセイバーのHP吸収量は与ダメの8分の1なので、攻撃力が高いキャラの方が恩恵を得られる。

ヒールライトとリーフセイバーでHPとMPの回復手段を確保 Edit

 ヒールライト(全)とリーフセイバーを習得することで、HPとMPの回復ができるクラス。これが永久機関となることは言うまでもない。素の攻撃力はケヴィンのクラス中最も低いが、バグ技を使うと、攻撃力が370まで上がる。高い物理火力と永久機関となる回復手段を兼ね備えたクラスとなる。

 ヒールライト(全)は単純にロードやシャルロットが居ないパーティだと回復役を担う事になり、リーフセイバーは魔法連携を多用するMP消費が激しいパーティでのMP補給手段として重宝する他、自身に掛けて殴る事で敵の仰け反りが無くなる事で通常攻撃が2回ヒットしやすくなると言う利点もある。

ケヴィン別クラスとの比較 Edit

 ケヴィンはどのクラスでも、攻撃力を370まで上昇させることができる裏技が存在する。その為、攻撃力以上に習得する魔法によってクラスを選択する傾向が強くなる所がある。

 全体必殺技を使うクラスが相方とする場合にはゴッドハンドを使い、MP消費が激しいパーティに入れるならウォーリアモンクを使うと言った感じで良い。

 シャルロットとスターランサーがパーティに居るなら、シャルロットのヒールライト(全)、スターランサーのパワーアップで秘孔もヒールライトも代用できるので、闇クラスを使うと良い(フラミーバグで上げた火力を安定して維持できるまでの間は、闇クラスの方が攻撃面で有利な為)。

他のキャラ・クラスとの相性 Edit

デュラン Edit

■ロード Edit

 全体ヒールライトの重複。回復役が2枚になるので持久戦に強くなると言うのはあるが。

■ソードマスター Edit

 リーフセイバーが被るが、2人共単体対象なので、詠唱キャンセルを利用して短時間でリーフセイバーをかけられる範囲を広げるような使い方ができる。2回攻撃とセイバー魔法は好相性。

■デュエリスト Edit

 2回攻撃とセイバー魔法は好相性。同じ2回攻撃のワンダラーと組む場合はかなり安定したパーティになる。

アンジェラ Edit

 MP消費が激しいアンジェラ(特にルーンマスター/メイガス)がリーフセイバーでMP補給できるようになる。

■ルーンマスター Edit

 高火力の通常攻撃で押していくケヴィンは、中火力で反撃寸前まで刻んでいくアタッカーに比べると、敵がHPが一定以下になった時のカウンターを貰いやすい。そのカウンターへの対応策の1つが、敵をスタンウィンドで沈黙させてカウンターを出させないことである。またそういった相手に対してはストーンクラウドやデススペルで間引いてしまってもいい。

 

シャルロット Edit

 全体ヒールライトの重複。回復役が2枚になるので持久戦に強くなると言うのはあるが。

■ビショップ Edit

 攻撃力を370まで上げたケヴィンを軸に戦闘を行う場合、与ダメ量の関係でイビルシャーマンのヒールライトやグレートデーモンのデーモンブレス、プチドラゾンビのメタンガスブレスを誘発しがち。イビルシャーマンとグレートデーモンにはセイントセイバー、プチドラゾンビにはターンアンデッドでケアが効く。セイバー魔法も2回攻撃との相性が良い。

■セージ Edit

 2回攻撃とセイバー魔法は好相性。セージについては全体ヒールライトが重複するので、ゴッドハンドや闇クラスでも良さげ。

■ネクロマンサー Edit

  高火力の通常攻撃で押していくケヴィンは、中火力で反撃寸前まで刻んでいくアタッカーに比べると、敵がHPが一定以下になった時のカウンターを貰いやすい。そのカウンターへの1つの対抗策として、ブラックカースで敵の攻撃力を低下させカウンターによる被ダメを減らして耐えると言う方法もある。

ホークアイ Edit

■ワンダラー Edit

 オーラウェイブ要員をゴッドハンドでなくワンダラーにする場合はウォーリアモンクと組むことで2回攻撃+ヒールライト(全)やMPの回復手段を持てるため雑魚戦、ボス戦問わず非常に安定したパーティになる。

■ニンジャマスター Edit

 忍術による攻撃力低下がカウンター対策になる点はネクロマンサーと同じ。忍術を多用するためリーフセイバーが好相性。

■ナイトブレード Edit

 秘孔→含み針→全員で物理攻撃という連携がダークキャッスル序盤等で非常に便利。また含み針や忍術でカウンターを防止及び威力を下げるという対策が行える点でも相性が良い。

リース Edit

 召喚魔法はMP消費が激しいためリーフセイバーが好相性。

■ヴァナディース Edit

 然程召喚魔法を多用しないクラスなのでリーフセイバーはあまり使用しない。3人目をオーラウェイブ要員のワンダラーと組む場合はかなり安定したパーティになる。

■スターランサー Edit

 高火力の通常攻撃で押していくケヴィンは、中火力で反撃寸前まで刻んでいくアタッカーに比べると、敵がHPが一定以下になった時のカウンターを貰いやすい。そのカウンターへの対応策の1つが、敵をマルドゥークで沈黙させてカウンターを出させないことである。3人目をニンジャマスターと組む場合はかなり安定したパーティになる。

■ドラゴンマスター Edit

 ステータスダウン魔法による攻撃力低下がカウンター対策になる点はネクロマンサーと同じ。召喚魔法を活用するクラスなのでリーフセイバーが好相性。3人目をグランデヴィナと組むと強力なパーティに。

■フェンリルナイト Edit

 ステータスダウン魔法による攻撃力低下がカウンター対策になる点はネクロマンサーと同じ。

コメント Edit

ご意見・要望等お気軽にどうぞ。

コメントはありません。 Comments/ウォーリアモンク?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White