シャルロット/ビショップ

Last-modified: Sun, 28 Feb 2016 15:09:59 JST (721d)

戦術等 Edit

 セイントセイバーの習得で、火・水・風・土・光属性のセイバー魔法を持つ。ゲームの終盤では光属性が弱点となっているモンスターが多いので、セイントセイバーは使い勝手が良い。
 ターンアンデッドは終盤のモンスターの中でも特にHPが高いカーミラクイーンやプチドラゾンビに対して有効。HPが一定以下となった時の反撃を貰うことなく、倒すことができる。
 イビルシャーマンやネクロマンサーは自身のHPが半分を切るとヒールライトを使うが、自身以外にもHPが減っているモンスターが居れば、そっちにヒールライトを使う。アンデッドのHPを減らした状態にして、イビルシャーマン・ネクロマンサーを叩き、ヒールライトをアンデッドに唱えさせれば、イビルシャーマン・ネクロマンサーが自分の回復が間に合わなくなり、ここからターンアンデッドで仕上げると言う使い方がある。

???の種 Edit

 聖水のこびんでヒールライト(全)、塩のこびんでティンクルレイン(全)を使うことができる。

相性の良いキャラ・クラス Edit

ケヴィン、ホークアイ Edit

 通常攻撃を2回できるケヴィンやホークアイとのセイバー魔法は好相性。

ナイトブレード Edit

 セイバー魔法と高火力通常攻撃は高ダメージをたたき出すことができる。これでHPがある程度減るとカウンターを放ってくる敵をやられる前にやれることも。あるいは、敢えて無効化される属性をセイバーで付与し、ダメージの与えすぎによるカウンターを防止しながらゲージを溜めて分身斬で倒す戦法もある。後者の戦術は、通常攻撃をメインに戦うキャラの武器を弱い物にせず、余計なダメージを与えないようにすることができる(余計なダメージを無くすならCPの武器を弱くした方が、セイバー魔法を使わない分だけ敵全滅までの時間は短いが)。

相性の悪いキャラ・クラス Edit

パラディン Edit

 ヒールライトもセイントセイバー共にビショップで網羅できる。そうなると、パラディンがやれることとしてはヒットアンドアウェイと全体必殺技が残るが、闇クラスのデュランの方が得意であるので、パラディンでやる理由は演出の好みくらいか。

ロード Edit

 全体ヒールライトの重複。回復役が2枚になるので持久戦に強くなると言うのはあるが。
 セイバー魔法と2回攻撃の相性が良いウォーリアモンクは除外。

デュエリスト Edit

 4属性セイバーが重複する。デュエリストを軸にすると、オーラウェイブやパワーアップをかけて大地噴出剣を放てばダメージを貰う前にに殲滅できることが多いので、回復魔法の使用も少なくなる点からもシャルロットの回復魔法が活きにくい。