ケヴィン/デスハンド

Last-modified: Sun, 28 Feb 2016 15:08:33 JST (721d)

戦術等 Edit

 ケヴィンの全クラス中攻撃力が最も高く、習得はクリティカル率上昇(実際は何の効果も無い)のエナジーボールのみと、通常攻撃に特化したクラス。
 攻撃力を370まで上昇させる裏技を考慮すると、ケヴィンの全クラス共に通常攻撃の使い勝手は同じになってしまうので、習得スキルが実質存在しないデスハンドが一歩劣っている感じに見える。しかし、そのバグ技を用いる場合はバグ技の効果を切らさない為に経験値の調整を行う必要がある。この経験値を調整する手間を嫌うなら、バグ技無しにおける攻撃力が最も高いデスハンドも視野に入る。

???の種 Edit

 死狼の魂でエナジーボール(単)、魔狼の魂でムーンセイバー(全)を使うことができる。エナジーボールはゲーム内でクリティカル率上昇と言う説明になっているが、このゲームではクリティカルが発生しないので、効果のない魔法となっている。よって、???の種による恩恵は実質ムーンセイバーのみである。
 弱点属性のあるボス戦なら弱点を突けるセイバー魔法をかけた方が速攻を狙えるので、弱点属性のないボス戦で使用すると良い。ムーンセイバーのHP吸収量は与ダメの8分の1なので、攻撃力が高いキャラの方が恩恵を得られる。

相性の良いキャラ・クラス Edit

ソードマスター、デュエリスト、ビショップ、セージ Edit

 通常攻撃を2回できるケヴィンやホークアイとのセイバー魔法は好相性。

ルーンマスター、ナイトブレード、スターランサー Edit

 高火力の通常攻撃で押していくケヴィンは、中火力で反撃寸前まで刻んでいくアタッカーに比べると、敵がHPが一定以下になった時のカウンターを貰いやすい。そのカウンターへの対応策の1つが、敵を沈黙させてカウンターを出させないことである。
 その中でナイトブレードは後述するカウンターへのもう1つの対抗策が使える。スターランサーも???の種を考慮すると知性・精神依存の反撃であればできる。

ネクロマンサー、ニンジャマスター、ナイトブレード、ドラゴンマスター、フェンリルナイト Edit

  高火力の通常攻撃で押していくケヴィンは、中火力で反撃寸前まで刻んでいくアタッカーに比べると、敵がHPが一定以下になった時のカウンターを貰いやすい。そのカウンターへのもう1つの対抗策として、敵の攻撃力を低下させカウンターによる被ダメを減らして耐えると言う方法もある。

相性の悪いキャラ・クラス Edit