ケヴィン/ゴッドハンド

Last-modified: Sun, 28 Feb 2016 15:06:50 JST (782d)

戦術等 Edit

 新規に習得するオーラウェイブは、攻撃力が高く全体必殺技を持ったクラスとの相性が良い。攻撃力を370(力が最も高いクラスであるデュエリストで最高351)まで上げるバグ技の使用を考慮すると、ケヴィンの光クラスはオーラウェイブによる全体必殺技持ちとの連携を取るか、ヒールライト(全)&リーフセイバーによる継戦能力を取るかの選択となる。

???の種 Edit

 金狼の魂でオーラウェイブ(単)、銀狼の魂でリーフセイバー(単)を使うことができる。リーフセイバーはゴッドハンドが習得するのではなくアイテムなので、ダンジョンの長期探索に使おうとしても、数に限りがあるのが注意点。リーフセイバーはMPが尽きると使うことができないが、銀狼の魂なら使うことができる点では優秀だが。

相性の良いキャラ・クラス Edit

パラディン Edit

 オーラウェイブから閃光剣を放つ(パワーアップもあれば良い)、ゴッドハンドにセイントセイバーを掛けて暴れると言った戦術が取れる。また、パラディンもゴッドハンドもヒールライトは単体だが、2人で唱えるとヒールライトが連続で2回発動する(詠唱キャンセルによるもの)ので回復の範囲を疑似的に広げられる。

ソードマスター Edit

 ソードマスターにオーラウェイブをかけて真空剣を放てる。パワーアップを併用することで、一撃で倒せる敵はかなり増える。ソードマスターとケヴィンorホークアイが同じパーティなら、物理アタッカー2枚と言う事なので、セイバー魔法の全体化も良い。

デュエリスト Edit

 オーラウェイブ→大地噴出剣。後はドレイクのウロコなり光クラスのリースなりでパワーアップの要素を入れれば大地噴出剣を活かせる。
 2回攻撃を出せるゴッドハンドやワンダラー(と言うよりもケヴィンやホークアイ)はセイバー魔法との相性が良い。

ルーンマスター、ナイトブレード、スターランサー Edit

 高火力の通常攻撃で押していくケヴィンは、中火力で反撃寸前まで刻んでいくアタッカーに比べると、敵がHPが一定以下になった時のカウンターを貰いやすい。そのカウンターへの対応策の1つが、敵を沈黙させてカウンターを出させないことである。
 その中でナイトブレードは後述するカウンターへのもう1つの対抗策が使える。スターランサーも???の種を考慮すると知性・精神依存の反撃であればできる。

ネクロマンサー、ニンジャマスター、ナイトブレード、ドラゴンマスター、フェンリルナイト Edit

  高火力の通常攻撃で押していくケヴィンは、中火力で反撃寸前まで刻んでいくアタッカーに比べると、敵がHPが一定以下になった時のカウンターを貰いやすい。そのカウンターへのもう1つの対抗策として、敵の攻撃力を低下させカウンターによる被ダメを減らして耐えると言う方法もある。

ヴァナディース Edit

 オーラウェイブから全体必殺技を放てる上に、ヴァナディース自身がパワーアップを使えるので、2人だけでオーラウェイブとパワーアップをかけた上で全体必殺技を放つ戦術を取ることができる。

相性の悪いキャラ・クラス Edit

ワンダラー Edit

 オーラウェイブが重複する。ゴッドハンドの必殺技は単体か全体かでランダムなので安定せず、ワンダラーは攻撃力が控えめで必殺技も単体なので、オーラウェイブから全体必殺技を放つ戦術を取るには、3人目をデュラン(ロードを除く)かヴァナディースにせざるを得ない状況になる(ナイトブレードはそもそもワンダラーと同じパーティに入ることがないので除外)。